若手社員インタビュー

お客様のクルマにあるのは、それぞれの思い出。
お客様の心の声にじっくりと耳を傾け、そのクルマのすべてを大切にしたい。

ラビットR10号宮崎北店
畠中美紀子 はたなか・みきこ

ラビットR10号宮崎北店 畠中美紀子

実は、来店されたお客様の話を聞いているとき、思わず涙ぐむことがあります。
しかも一度や二度ではなく。
いままで何度もそういう場面になりました。
お客様の心の声に耳を傾けているうちに、わかってくることがあります。
クルマは、ただの資産価値だけではない。
そのクルマに乗っていた方の、生活の思い出そのものであるということを。
クルマの買取というと、クルマを査定して金額を提示し、「その金額で売るか売らないか」とお金のことばかりのドライなイメージが浮かぶかもしれません。でもそうじゃないんです。

ラビットR10号宮崎北店 畠中美紀子

ワンズ・アベニューでは、来店されたお客様に対して、まずはヒアリングを行います。
私たちが一番知りたいのは、クルマを査定して手放そうとする理由。
引越しだったり、自動車ディーラーの下取り金額に納得できなかったり・・・みなさんそれぞれ思いがあります。
そしてお客様には、このクルマを乗ってでかけた家族との思い出がある。
最初はチャイルドシートに乗っていたお子さんの成長の軌跡だって刻まれている。
クルマを手放すとき、記念写真を撮られる方が多いのは、これまでの思い出を大切にしたいからでしょう。
そうしたお客様の思いに対して、私たちはきちんとこたえたいのです。
だから金額面でもがんばるし、そのクルマを手放した後の扱いもとても大切にします。
お客様が探しているのは、クルマを高く買ってくれる店であり、でも内心は自分のクルマを本当に大切に扱ってくれる店なのです。
最初はクルマのボンネットの開け方すら知らなかった私ですが、いまではすっかりこの仕事に夢中です。
さまざまなお客様との出会いに本当に感謝の毎日です。

ラビットR10号宮崎北店 畠中美紀子 ラビットR10号宮崎北店 畠中美紀子
新卒採用エントリー 中途採用エントリー
新卒採用エントリー 中途採用エントリー
Page top